髪の悩み解決サポート

薄毛・抜け毛・ハゲなど髪の悩みの予防法や解決方を解説する、髪の悩みの総合サポートサイト

2015 07/13

【必見】薄毛を防ぐ、正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプー方法

ヘアケアの中でもシャンプーはほぼ毎日行うものなので、間違ったやり方だと頭皮のダメージが蓄積されて薄毛の原因にもなりかねません! 髪の毛を清潔で健康な状態に保つために、正しい洗い方を心がけましょう。

①ブラッシング

髪の毛の長い人やからまりやすい人は、入浴前にまずブラッシングをすること。
これで埃やフケを取り除きシャンプーの泡立ちを良くし、髪の毛の汚れを落としやすくする効果もあります。

②シャンプーをつける前にぬるま湯で洗う

シャワーで流し洗いするだけでも、髪の汚れやほこりの8割は洗い流す事できると言われており、シャンプー前にぬるま湯(38度前後)効果で毛穴が開き、汚れが落ちやすくなります。
髪と体を洗ってから浴槽に浸かるのがお風呂の習慣になってる人が多いと思いますが、髪の毛はブラッシングとシャワーで一旦済ませ、10分ほど浴槽につかって置くのがより効果的です。

③シャンプーの量

ショートヘアーなら10円玉、セミからセミロングは500円玉くらいを手に取って、数滴ぬるま湯を足して手のひらで泡だてましょう。
食器洗いや洗車でイメージすると解りやすいですが、直に洗剤をかけるより、一旦水で流して『泡』で洗った方が、汚れ落ちが早くすすぎ残しも少なく済みます。

④洗い方のポイント

髪全体にシャンプーがいきわたるように泡立て泡、指の腹で頭皮を優しく揉むように洗いましょう。
この時、髪の毛をこするのではなく、頭皮に指を押し付けて揉むように洗うのがポイント。
絶対に爪を立てたり、こすったりせず、洗髪するというよりは『頭皮をマッサージしている』というイメージですね。
かなり泡立ってきたら頭のてっぺんから毛先に向けて、手の平でなぞって全体を洗います。

⑤流し方

シャンプーはぬるま湯で洗いながす。目安は3分から5分程度と言われています。
かなり長い・・・と感じる方もいるかと思いますが、シャンプーの成分が地肌に残っていると、毛穴がつまり、抜け毛の原因にもなりますし、この積み重ねが数か月後、数年後に大きな結果として表れてくるかと思います。
流しながら頭皮マッサージを行えば、頭皮の血行が活性化することで、抜け毛予防にも効果的です。

⑥シャンプー・トリートメント

自論ですが、パーマや染色などで髪の毛にダメージがあまりない方なら、この二つは必要ないように思います。
つけるなら頭皮ではなく、髪の毛だけでに!
シャンプーのように揉みこんだり、頭のてっぺんに持っていったりせずに、つけたら30秒以内に洗い流すように注意しましょう。

関連動画:[Youtube]薄毛必見!はげないシャンプーの仕方!


TVで紹介された、板場忠徳氏が考案したシャンプー方です

個人差はあるかと思いますが、パッと見て『ハゲ』な50代男性が『フサフサ』に復活する様子は衝撃的です!
お金が掛かる事ではありませんし、薄毛治療で悩んでいる方は、まずは正しいシャンプー方を実践されてみてはいかがでしょう?

関連商品:Amazon
3万人が実感! 髪がみるみる甦る 板羽式「組み手頭皮マッサージ」 (3万人が実感! 髪がみるみる蘇る 板羽式「組み手頭皮マッサージ」)

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ

ランキングに参加してます。応援して頂けると、更新のハゲみになります!
記事が参考になりましたら、SNS等で他の人にも教えて頂けたら幸いです。

この記事と関連する記事

【必見】薄毛を防ぐ、正しいシャンプーの仕方

テーマ:抜け毛・発毛・育毛
 ジャンル:ヘルス・ダイエット

(0)TB(-)

AFTER「【美容】薄毛になる3つの原因と改善方法

BEFORE「このブログについて

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

ブログパーツ