髪の悩み解決サポート

薄毛・抜け毛・ハゲなど髪の悩みの予防法や解決方を解説する、髪の悩みの総合サポートサイト

2015 07/13

【美容】薄毛になる3つの原因と改善方法

薄毛(うすげ)とは、何らかの原因で髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常に成長をしなくなり、その結果、薄毛・ハゲといった状態になることですが、薄毛になる原因を挙げると

管理人 AA(アスキーアート)
①遺伝・男性ホルモンの影響
②食事・生活習慣
③ストレス

の主に3つの原因が挙げられかると思います
もともと髪の毛が丈夫な家系だからと油断してると、後天的な生活習慣の影響を受けて髪の毛が薄毛にしまうことがあります。
以上の3つを少し詳しくひも解いてみると・・・

①遺伝・男性ホルモンの影響

薄毛とハゲの関係については、exciteニュースのハゲは本当に遺伝するのか?で解りやすく説明されています。

結論を要約すると、『いわゆる、男性型脱毛症(AGA)に関しては、100%遺伝が原因』と身も蓋もない結論がのべられています。
ハゲの根源となるホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」という傍迷惑なホルモンに『ハゲる』スイッチが入ってしまうと、薄毛の進撃が始まるようです。

そのハゲるスイッチが押されないようにするプロペシアという予防薬がありますが、これは現状維持するだけで、残念ながら進んでしまった薄毛を改善する効果はありません。 家系にハゲの多い方は、自分がフサフサのうちから、専門医のカウンセリングをうけて予防に努める事をお勧めします。

②食事・生活習慣

一般的に薄毛は男性固有の悩みだったのですが、現代社会では薄毛に悩む女性も増加傾向にあります。
女性の社会進出、24時間営業などの雇用形態の多様化で生活習慣や食事のバランスが乱れやすくなっているのが原因と言われており、もともと薄毛になりやすい男性なら尚更です。
乱れた生活習慣を改めないままでいると、疲労の蓄積、体内時計が崩れるなどで全身の血行不良を引き起こし、結果として頭皮の血の巡りも悪くなってしまい、血のめぐりが悪くなった頭皮では髪の毛に十分な栄養を行き渡らせる事ができず、抜け毛や薄毛を発症させてしまうのです。

規則正しい生活にバランスの良い食事に十分な睡眠時間
当たり前に言われている事ですが、こう言った基本的な事が病気の予防に繋がり、髪の毛の健康を守る事につながります。

③ストレス

『あんまり悩み過ぎるとハゲるぞ!』と言うのは、いい加減な迷信のようにも聞こえますが、実は真実に含む格言です。
心のストレスは、血行を制御している自律神経に悪影響を与え、血行が悪くなれば当然、髪の毛を成長させる頭皮にも栄養が行き届きにくくなる。
また内臓機能の低下が髪の栄養分であるタンパク質吸収率を低下させますし、ストレスで不眠症にでもなれば、これもやはり成長ホルモンの妨げとなり、髪の毛にも悪影響。

とはいえストレスは現代人にとって付き物ですし、休暇なんてそんなに取れませんし、遊びに行くにもお金が掛かりますよね。
そこで私がおススメするのは『入浴』です。

入浴をするとリラックス効果によりストレスが緩和されるだけでなく、血行促進効果や、老廃物を体外に排出するデトックス効果でお肌ツルツルなどなどいい事づくめ!
先の記事の、【必見】薄毛を防ぐ、正しいシャンプーの仕方を実践すれば薄毛予防効果も高まりますし、お風呂が面倒な方は漫画を持ちこんだり、防水のポータブルDVDを持ち込んだり、入浴剤を試してみたり、少しずるお風呂が楽しい時間になるように試みてみるといかがでしょうか?

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ

ランキングに参加してます。応援して頂けると、更新のハゲみになります!
記事が参考になりましたら、SNS等で他の人にも教えて頂けたら幸いです。

この記事と関連する記事

【美容】薄毛になる3つの原因と改善方法

テーマ:抜け毛・発毛・育毛
 ジャンル:ヘルス・ダイエット

(0)TB(-)

AFTER「【薄毛】植毛をやる前にこれだけは知っておきたい基礎知識

BEFORE「【必見】薄毛を防ぐ、正しいシャンプーの仕方

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

ブログパーツ