髪の悩み解決サポート

薄毛・抜け毛・ハゲなど髪の悩みの予防法や解決方を解説する、髪の悩みの総合サポートサイト

2015 07/14

【薄毛】植毛をやる前にこれだけは知っておきたい基礎知識

植毛とは頭皮に人口毛や人毛毛髪を植え込む施術法で、外科手術を行う医療行為。
植毛先進国であるアメリカの薄毛治療では、53%の割合で植毛が選ばれており、人気も実績も高い先端薄毛治療法です。

植毛の基礎知識

自毛植毛と人工植毛

植毛には「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類があり、植毛する毛が「自分の髪の毛」なのが「自毛植毛」、「人工的に作られた人工毛」が「人工植毛」です。
「自毛植毛」だと自分の薄毛になりにくい箇所の髪の毛を、気になる部分に移植するわけですので、仕上がりがナチュラルですし、何といっても「一度の施術で生涯に渡って伸び続けるため」ので、普通の髪の毛と穴地ように様々なヘアスタイルを楽しめます。

移植できる地毛がほとんどない場合などは人工植毛を施術しますが、本来「自分のものでない毛」つまり異物を頭に植えることになるため、拒絶反応が起こる可能性があり、頭皮の化膿や炎症を引き起こすリスクも伴います。更にせっかく移植しても頭皮の新陳代謝で自然に抜けたりと、自毛植毛に比べて定着率も低いです。

植毛の費用

自分が植毛する場合、一体どれだけの費用がかかるのか?
解りやすい画像が、人工植毛業界の大手ニドーのHPに記載されていますので紹介します

植毛の必要本数
出典:ニドー人工毛植毛のメリット(株式会社ニドー)

人工植毛なら500本あたり13万円ぐらいが目安とされていますが、実際の費用はクリニックによってバラつきがあります。
そして本命の自毛植毛では大手5社を比較しても、500本あたり19万円から47万円と大きく変わってきますので、良く比較検討してから決めるましょう。
私ならそこそこ高めでもやはり実績がある方が安心…と思いますし、身近に経験者がいない方はネットでの口コミ評価なども参考にすると良いと思います。

植毛手術と保険

植毛手術は病気を治すための手術ではないため、美容整形と同様に自由診療扱いとなり、残念ながら健康保険はききません。植毛手術に関わる費用は、全額自己負担となります…

自毛植毛のメリット・デメリットまとめ

【メリット】
・髪の毛の生え方、増え方が自然の髪と見分けがつかないほど自然
・自分の毛髪を移植する為に拒絶反応が少なく、一度定着した毛根組織が移植先部分から剥離しない
・発毛、育毛のように個人差はなく、髪の毛を増やすという意味では確実
・メンテナンスが不要で、継続的なコストがかからず汗をかくような激しいスポーツも問題なし

【デメリット】
・カツラなどに比べて、初期費用が高い
・一般的に移植後の数か月は髪の毛が一旦抜け落ち、再び産毛からの成長を待つ事になるので見た目の変化に時間がかかる
・医師やスタッフのセンスや技量で仕上がりの質に差が出る為、一度の施術では満足できない事も
・薄毛が進行しすぎて移植できる毛根が少なすぎる場合には、移植するにも限界がある

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ

ランキングに参加してます。応援して頂けると、更新のハゲみになります!
記事が参考になりましたら、SNS等で他の人にも教えて頂けたら幸いです。

この記事と関連する記事

【薄毛】植毛をやる前にこれだけは知っておきたい基礎知識

テーマ:抜け毛・発毛・育毛
 ジャンル:ヘルス・ダイエット

(0)TB(-)

AFTER「【薄毛】髪の毛が薄くてもカッコいい有名人ランキング!

BEFORE「【美容】薄毛になる3つの原因と改善方法

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

ブログパーツ